搭乗者傷害保険を契約しておく必要性

ミョウガ

 

搭乗者傷害保険とは、契約中の自動車に搭乗中の事故により死傷した場合、運転手・同乗者にかかわらずに自動車に搭乗している人を対象に損害を補償します。補償は、ケガの部位と症状によりあらかじめ決められている金額を支払われます。

 
人身傷害補償保険と一部補償内容が重複しているため、最初から付帯していない保険会社も増えています。しかし、契約しておくことで、人身傷害補償保険と二重に保険金が支払われ、治療費が損害額の確定後まで待たずに部位と症状が分かった時点で受け取ることができます。身体の部位や症状別に支払額が細かく分類されており5万円から100万円が支払われます。同じケガでも部位によって金額が異なります。他にも、家族他人の区別はなく契約中の車に搭乗している人が補償範囲となるため安心でき、走行中でなくてもドアに指を挟んでできたケガも補償対象となります。

 
保険金支払が速やかに行われるため、治療費の心配が軽くなります。また、自分に過失がない事故でも死傷があれば補償対象となり、自賠責保険や各種傷害保険とは関係なく支払われ、この保険のみを使った場合は、ノーカウント事故となるため翌年の等級に影響がないため安心して保険を使うことができます。