2代目ヴォクシー

サイトマップ

2代目ヴォクシーは、これまでと同様に兄弟車のノアといっしょにフルモデルチェンジに踏み切りました。それが2007年のことであり、月間での販売台数目標5000台でスタートしたのです。先代が好調だったことを受けて、キープコンセプトがされています。内装やエンジンの面に関してもさほどの変更はなく、センターメーターを引きつづき採用されています。

エンジンを見直して新しいシステムを組み込んだんものを搭載し、燃費の向上が図られています。平成22年度の基準では、すべてのモデルにおいてプラス20パーセントを達成しています。ただノアでは、エアロパーツモデルが3ナンバーサイズで売り出されることになりましたが、ヴォクシーではワイドタイヤを装着した物がそれに当たります。この点だけが、2台の間で少し異なっているのがポイントです。


初代からの進化

ヴォクシーは、二代目へとフルモデルチェンジを果たしました。先代から変わったところといえば、まずはエンジンが挙げられます。バルブマチックと呼ばれる新システムを採用し、燃費の向上に努めています。それにより平成22年度に、すべてのモデルでその基準により20パーセント改善を達成しているのが大きなポイントでしょう。

ボディサイズは先代から5ナンバーを継続していますが、3のモデルも存在しています。ここは、姉妹車であるノアとの違いとも言える部分です。向こうがエアロパーツを装着したものがこのカテゴリに入っているのに対し、こちらはワイドタイヤを採用しているものがこれに当たるのです。購入を刷る際には、自分が欲しいグレードはどのサイズなのかを確認しておくことが重要です。

G SPORTS

スポーツ走行に向いているモデルが、自動車のラインナップに存在するのは当たり前の話となっています。そうしたものは、活動的であったりエアロパーツなどの特別装備がされていたり、若干値段が高くなっていたりします。以前は、スポーツカーやハッチバックに置いての話でしたが、ミニバン業界にもその波は広がっています。トヨタも例に漏れず、いろいろな車種に追加しています。

その中でヴィッツなどにも設定されている、スポーツコンバージョングレードの「G SPORTS」呼ばれるものがあります。これは自社開発の運動走行向けのものであり、専用のパーツがいたるところに使用されています。外観で言えばアルミホイールやブレーキパッドなどで、内装ではアルミ製のペダルやローダウン仕様のサスペンションが組み込まれていたりします。これは、その本気の度合いが注目されるものになっています。


ZS 煌(きらめき)

ミニバンの特別仕様車は、数多く存在しています。トヨタのヴォクシーもその例にもれません。例えば「G SPORTS」と呼ばれる、アルミのペダルや専用のブレーキパッドなどをおごっている走り志向のモデルも登場しています。また、それとは違って高級感や豪華さを求めるユーザー向けに開発されているものもあります。それが「煌(きらめき)」です。

先代のラインナップに存在していたモデルであり、人気をよんでいました。今回の二代目では、エンジンにすこし改良を加えた「ZS」をベースにつくり上げられています。メッキを多く使用しているのが特徴的であり、ハンドルやドアミラーにも施されています。それから、デュアルパワースライドドアなどの装備も積んでいます。「ZS 煌」として発売され、ノアの特別仕様車と比較するとやや高い値段なのもポイントです。


「2代目ヴォクシー」について

2代目ヴォクシーについて。

Copyright © 2代目ヴォクシー. All rights reserved